スコットペリー,教材,リスニングパワー,発音大学
スコットペリー,教材,リスニングパワー,発音大学

スコットペリー先生とは?

 

スコットペリー先生は、アメリカ人言語学者です。これまで、 25年にわたって2,000人以上の日本人に対して、英語の発音矯正テクニックを伝授してきたのです。

 

スコットペリー先生の日本人をバイリンガルにするメソッドによって、多くの有名芸能人たちもハリウッドで通用する英語力を身につけているそうです。これまで全くと言っていいほど英語に触れてこなかった日本人俳優でも、高い英語力を身につけることに成功しているのです。

 

英語のスキルというのは、12歳になるまでの生まれ育った環境によってほぼ決まると言われています。しかし、スコットペリー先生はその常識を覆すことに成功しました。大人になってから、子供の頃のヒアリング能力は戻らないと言われているのに、わずか30日という短い期間で、英語初心者の大人であっても、英語耳を手に入れることができるのです。

 

そもそも、英語と日本語では周波数が違うので、日本語の周波数に慣れている日本人にとって、英語を聞き取るのは難しいのです。そこでスコットペリー先生は、サウンドエンジニアや科学者の協力によって、日本人が英語を聞き取れるようになる特殊な周波数を解明したのです。

 

これまでスコットペリー先生は、富士通やYahoo!、ソニーや東京ガス、サントリーやスバルといった有名企業にも、英語の指導を行ってきました。

 

スコットペリー先生による「リスニングパワー」というプログラムを聞くだけで、これまで英語のリスニングが苦手だったという人でも、短期間でリスニング力を身につけることができます。

 

スコットペリー先生の教材が日本人に効果的な理由

スコットペリー先生の教材「リスニングパワー」は、英語のリスニングが苦手な日本人にとって、とてもおすすめです。

 

日本語の周波数は、英語に比べてとても低いです。日本語は世界で最も周波数の低い言語なのに対し、英語は最も高い周波数なのです。日本語の最高周波数は1,500 Hzで、英語の最低周波数は2,000 Hzです。このため、日本人の耳では英語が聞き取りにくいのです。

 

人間は、生まれてから3歳くらいまでなら全ての音を受け取ることができます。 4歳から11歳の間でもすべての音を受け取れるのですが、このとき1番多く聞く言語に耳が慣れてしまいます。日本人の場合は、日本語を多く聞く環境にあれば、日本語の音のみを受け取るようになるのです。

 

スコットペリー先生は、 15年間日本人に対して英語を教えてきた経験から、どうやったら日本人が日本語にない英語の音を聞き取れるようになるか研究してきました。他の言語学者や医学博士、語学講師、サウンドエンジニアといった科学者達に協力を得て、日本人でも英語を聞き取れるようになる特殊な周波数を解明し、ただ聴くだけで英語を聞き取れるようになる教材を作り出したのです。

 

スコットペリー先生の教材では、日本語に存在しない英語の10の母音と、英語特有の早く話すときに生じる特殊な発音を重視しています。2週間聞くだけで、自然と英語の聴解範囲が広がって、英語耳を作り出すことができるのです。

 

「リスニングパワー」では、右耳からアメリカ人女性の英語を、左耳からスコットペリー先生の発音を聞くという方法で学習します。